レザーブランド

長年使い込める皮革製品とサポートサービスを提供しているユハク(YUHAKU)

ユハク(YUHAKU)は、2009年にリリースされたレザーブランドです。

 

 

デザイナー兼職人である仲垣友博氏が鞄や靴、革小物やベルトなどを制作する工房として開設していたアメノスパッツィオが、株式会社ユハクへと改組されるにあたって、自社ブランドとしてリリースされました。

 

 

工房時代にビスポークの製品づくりをしてきた経験が活かされて、オーダーメイドやレディメイドの皮革製品が数多く生み出されています。

 

 

このブランドの製品の大きな特徴としては、特殊な染色技術を駆使して革が染め上げられていることが挙げられるでしょう。

 

 

学生時代に絵画の勉強を熱心に行っていた仲垣氏は、絵画技法をもとにしてオリジナルの染色技術を開発しました。

 

 

手作業で複数の色に染めて仕上げる際には、顔料系のクリームが利用されるのが一般的なのですが、ユハク(YUHAKU)では液体染料しか使っていないのです。

 

 

そうすることで、革本来の質感が覆い隠されてしまうことなく楽しめるようになりますし、絵画的なニュアンス感のある美しい色に仕上がります。

 

 

また、色が褪せづらく、ヒビ割れが起きる心配のない製品となるのです。

 

 

ユハク(YUHAKU)の製品は、購入後あっという間に使い物にならなくなってしまうような商品とは違い、長く使い続けられるのが魅力となっています。

 

ポケットから覗く色合いが英国紳士を演出!

ブランドのビジョンとしても、お客様に永く所有してもらえるような唯一無二の価値を持った製品を提供することが掲げられています。

 

 

そのため、ユハク(YUHAKU)では製品を販売したらそれでおしまいという考えはしていません。

 

 

お客様が購入した商品を長持ちさせられるように、さまざまなサポートを行っているのです。

 

 

例えばまず、公式オンラインショップ上に、お客様自身でできるお手入れの方法が掲載してあります。

 

 

お手入れの詳細な手順やお手入れの頻度、長期保管の方法や水濡れしてしまった場合の対処などいろいろと記してあるので、このブランドの皮革製品を購入しようと検討している方は、一度目を通しておいてはいかがでしょうか。

 

 

お客様自身では対処できない状態になってしまった場合には、リペアサービスセンターに連絡を入れて修理を行ってもらうことも可能です。

 

 

また、修理が必要な状態ではないけれどプロの手でお手入れを行ってもらいたい場合には、手染め製品磨き直しサービスを利用すれば、職人の手で丁寧に磨き直してもらうこともできます。

 

 

ユハク(YUHAKU)は、物を大切に使い込みたい方にぴったりのブランドだと言えるでしょう。

>>ユハク(YUHAKU)公式通販サイトはこちらから<<